あおい'sセレクション

サッカー大好きのあおいが、好きなものを好きなように伝えるブログ。サッカーとフットサルがメインです。

【動画あり】アトレティコマドリードFWグリーズマン移籍示唆も残留濃厚か!?

グリーズマン(グリエズマン)

グリーズマンはフランス出身で2009年にレアルソシエダでデビューした。

その後2014年からアトレティコマドリードへ移籍し、安定した結果を残し続けている。

 

フランス代表として各世代でプレーし、U-19欧州選手権では代表のエースとして活躍し見事チームを優勝へ導いた。

フランスA代表となった今でも彼はチームのエースとして活躍している。

 

マンチェスターユナイテッドが獲得に向けて動き出す。

そんな彼にビックチームからの移籍情報が舞い込んできた。

それはマンチェスターユナイテッドだ。

マンチェスターユナイテッドは、今年チームの若返りを目指しておりグリーズマンの獲得を熱望しているという。

 

確かにルーニーとイブラヒモビッチというまだまだ現役でやれる選手だが、年齢的に心配になる気持ちはわかる。

若いラッシュフォードもまだまだチームのエースとまでは言えない状況なので

しっかりと得点が取れる将来有望な選手だとグリーズマンという選択肢は間違っていないし、ポグバとの代表でもコンビ経験がある彼ならチームにすぐフィットするだろう。

 

移籍金1億ユーロ(日本円で約124億円)とされるグリーズマンに対してマンチェスターユナイテッド側は問題ないと話しているし、現在の彼の年棒は、700万ユーロ(日本円で約9億000万)だが1400万ユーロ(日本円で約18億円)程度の年棒を支払うと条件提示もしている。

 

5月24日に記者からのインタビューに対して「今流行りのドイツ、中国、またはアメリカ、そしてイングランドに行くかもしれない。その準備は出来ているよ。移籍する可能性は10段階中6ぐらいだね。」と話している。

また「アトレティコはリーガで3位に終わった。それはクラブの目標でもあったが、選手としてはもっと貪欲に、タイトルを獲得したいと思っている。良いプレーをしてゴールを決めるだけでは物足りないところまで達している。今夏、自分の将来を決める上でタイトル獲得できるかを考慮する。アトレティコでチャンピオンズリーグ(CL)準決勝まで進出し、決勝戦も見えたけど。でも僕たちは何かが欠けているんだ」

 

正直アトレティコが弱いわけではないが、リーガにバルセロナとレアルマドリードの2強がいるため、リーグ優勝を勝ち取るには相当難しいだろう。

別の大会でも結局はバルセロナやレアルマドリードに阻まれることが多い。

 

今年のCLリーグも準決勝まで勝ち上がり、対戦相手はレアルマドリード。

セカンドレグでは勝利したが2試合合計得点で負けてしまい敗退してしまった。

 

彼の移籍する準備ができてるという発言と無冠に不満があり貪欲にタイトルが欲しいと思う気持ちから移籍は濃厚とされていたが・・・。

 

移籍示唆もグリーズマンの残留は濃厚か?

移籍の噂があったアトレティコマドリード所属のグリーズマンだが、ここにきて一転

残留濃厚の可能性が高まってきた。

 

彼は自身のツイッターで 「全ての噂に根拠がない。僕は今もアトレティコ・マドリーの選手で、僕の将来は自分のアドバイザーとともに決めていく」と、これまでの報道を否定したのだ。

 

マンチェスターユナイテッド側と揉めたのか、他の要因があるのか我々にはわからないが彼がマンチェスターユナイテッドのユニフォームをきてプレーするのも見てみたい。

 

www.youtube.com