あおい'sセレクション

サッカー大好きのあおいが、好きなものを好きなように伝えるブログ。サッカーとフットサルがメインです。

世界一のキーパー ジャンルイジ・ドンナルンマ

ACミラン所属 ジャンルイジ・ドンナルンマ

1999年2月25日にイタリアで生まれた。

サッカー一家の彼は、幼少期からミランと共に成長した。

愛称は「ジージョ」で誰からも愛される、心優しい性格だ。

 

イタリア代表のブッフォンの後継者と言われ、18歳にして既に世界一のキーパーと賞賛されるほどの実力を持っている。

 

2016年8月にはイタリアA代表に招集され、フランスとの親善試合で代表デビューをした。

17歳と6ヶ月でデビューしたドンナルンマは、イタリア史上3番目の若さであり、ゴールキーパーでは最年少記録となった。

 

ジャンルイジ・ドンナルンマの魅力

ドンナルンマは196cmの長身に目がいってしまうが、俊敏性と瞬発力も兼ね備えている。

高めのボールだけじゃなく低めのボールの対応なども抜群に安定している。

そしてゴールキーパーとしてもっとも重要な安定感や安心感をこの若さで出せる選手は他にいないだろう。

イタリアの絶対的守護神のブッフォンからも認められ「君はもう偉大な選手だ。サッカーにおいて大事なすべての資質を持っている。イタリアだけじゃなくサッカー界の一時代を築くことができる」と大絶賛である。

 

今後の動向。移籍はあるのか?

ACミランで正ゴールキーパーとして活躍をする彼とクラブチーム側で契約という大きな問題が発生している。

 

本人の要望としては年棒アップと選手の補強を希望しているが、ミラン側は年棒を16万ユーロ(日本円で約1920万円)から320万ユーロ(日本円で約3億8400万円)に上げ、チープキャプテンとして任命することで折り合いをつけようと考えている。

もちろんACミラン側はドンナルンマとの契約更新することを考えているが、本人は難色を示している。

 

そうなると別のクラブチームが黙っていない。

マンチェスターユナイテッド、マンチェスターシティー、レアルマドリード、ユヴェントスが獲得を狙っている。

レアルマドリードは年棒750万ユーロ(日本円で約9億円)でオファーしている。

 

このままでは2018年の夏までにドンナルマはミランを去る可能性が大きい。 

ドンナルンマの移籍金を考えるとフリーになってからでは間に合わない。(ドンナルンマの現在の市場価格は5000万ユーロ(日本円で約60億円)

ミランの経営陣は難しい問題に直面しているが、ここを乗り越えれば新時代の名門ACミランが見れる日もそう遠くはないだろう。